淘心庵 米屋 > 料理

素材の産地や時期にこだわった至極の会席料理は、五感で味わう。

どの素材にも「走り・旬・名残」があります。旬の少し前、旬、旬を過ぎた頃。それぞれに独特の美味しさがあるのをご存知でしょうか。
例えば、旬を過ぎた「戻り鰹」。さっぱりとした初鰹に比べ、戻り鰹は脂が乗っていてまるでトロのように濃厚な口当たりなんです。
「五色、五味、五法」が日本料理の基本。
赤・緑・黄・黒・白の“五色”を目で楽しみ、甘い、辛いなどの“五味”を味覚で感じていただけるように、煮る、焼くなどの“五法”の技を加える。その素材の「時期」によって異なる味わいに、最適な手を加え、お客さまにお届けいたします。


※上記画像をクリックすると大きな画像で見れます。

実は、刺身ほど難しい料理はない。
水揚げされたばかりの素材を見極めるときから、料理は始まります。

会席に欠かせない刺身。素材の新鮮さ、美味しさが命です。だからこそ、自信を持ってお出しできる厳選した素材だけを仕入れています。
みずみずしく、旨さがぎゅっと詰まった最上の素材を味わっていただき、お客さまから「美味しい」のひと言が聞けることこそ、料理人の喜びです。
もう一つ、こだわっているのが器です。料理の「着物」として、目でも楽しんでいただきたくて。日本料理では食材の旬だけでなく、器が持つ季節感も大切なんです。焼き物の柄の意味、素材が持つ雰囲気などをその日の料理に合わせてチョイスしています。個人的にも器は大好きで、休日に京都まで出掛けて、ひと目ぼれして手に入れた器も多いんですよ。いずれは、自分で焼いた器を使って、お客さまにお料理を出してみたいですね。


  • * ご夕食は月替わりの会席料理となっております。
  • * お夜食のご用意もしています。

フォトギャラリー

ご予約

  • 空室検索
  • 宿泊プランから選ぶ
  • tel:0557-37-1128
 
宿泊プラン一覧 空室検索